ボストンキャリアフォーラムのディナーから内定へ!

あなたが、ボスキャリで最終面接に進みました。面談をした企業に”あっ、この子いいな!”を思われたら、企業からディナーの招待をされます。ディナーへの招待がそのまま内定に直結するわけではないですが、内定をだすポテンシャルのある学生が招待されます。企業側からすれば、わざわざ日本から、学生に会いにボストンまで来ているのですから、少しでも接点を持ちたいと思う気持ちもわかりますね。一度のディナーで話ができる人数にも限りがあるので、招待はボスキャリでの第1ゴールといっても過言では、ありません。

ボストンキャリアフォーラムにおけるディナーとは?

ディナーは、企業への志望度合の意思確認ととってよいでしょう。事前準備をしているあなたは、複数社からディナーの招待を受けることになるでしょう。その場合、あなたは、どの企業のディナーに出席するかを選ぶ必要があります。採用側は、学生の志望度を測ることになるのでディナー参加社は内定率が上がります。しかし、ディナーに参加=内定ではないので、学生も選択に注意が必要です。事前に受ける企業の優先順位づけを明確にしておきましょう。当日のノリで決めてしまうとあとで後悔するかもしれません。しかし、あえて確実に受かりそうなところにいくのも戦略なので、ちゃんとディナーの戦略についても事前に考えましょう。

ディナーの場所と集合時間

キャリアフォーラムで、ケータリング形式で立食か、外のレストランです。レストランの場合は、土地勘なくて迷子になってしまっては、印象が悪くなってしまうので注意は必要です。余裕をもって30分前には到着できるように行くのが良いでしょう。

ディナーでの振る舞い

あなたのアピールタイムです。自分の良さをアピールしましょう。おいしいご飯を目的にする会社などあるはずがありません。企業も血眼になって、あなたのことを知ろうとするはずです。基本的なテーブルマナーで焦って、自分を出せないのはもったいないので、事前にテーブルマナーについては、調べておきましょう。 グッドラック!

内定を受ける時の注意事項

せっかく内定が出たからといって、企業のオファーをそのまま受ける必要はありません。あなたは、ボストンキャリアフォーラムに参加する学生TOP3%に入る人材なのです。他の学生と同じ待遇で内定を獲得する必要はありません。

書面で受け取る

口答でも契約は成立しますが、その場でメールもしくは、紙面で正式書をいただき、確実なものにしましょう。あとで、やっぱりやめたとなっても困ってしまいますね。

内容を確認する

一番注意しなくてはいけないのは、待遇です。昨年まで年収800万だが、今年から700万ですと、内定後に伝えられた新卒の方を私はしっています。昨年の先輩の話だけでなく、ちゃんと今年の条件について聞き、他の選択肢を見せることで交渉することも可能です。配属先の部署の要求は、交渉しやすい点なので、ビビらずに交渉をしましょう。

返答期間の確認、延長の要請

第一志望が他の企業の場合、正直にその事実を伝えるのではなく”御社は第一志望群ですが、一生のことなので、おちついて考えたい”と伝えましょう。あなたの人生を企業の都合で決めてはいけません。

契約書を期日までに送付する

当たり前ですが、期日をまもって対応することが重要です。あとで送るのはめんどくさいので、その場で決断もできるのが、一番楽でですね。

日本での最終面接

ボスキャリで最終決定をせずに、日本に帰ってから最終面接という企業もあります。

航空券の確保

ちょうど年末で、航空券を取りづらい時期になります。宿泊先はなんとでもなるので、まずは飛行機を用意しましょう。

ホテルの確保

面接に備えて、会社から近い場所にホテルを取っておきましょう。

まとめ

ボストンキャリアフォーラムは、短期間で内定を獲得するチャンスです。ぜひあなたの貴重な時間を有効活用するためにも、うまく活用してみてはいかがでしょうか。

2 件のコメント

  • こんにちは、おめでとうございます!TOEFL受験の時にこのサイトを参考にさせてもらいました。分かりやすくてとても助かりました!ありがとうございます!

    • メッセージありがとうございます!そういった声をいただけるだけでこのサイトを運営していてよかったと思います。周りにはノウハウシェアしない方が特権階級たもたれると言われることありましたが、ぜひ今の時代にあったノウハウをみなさんに引き続き提供させていただきたいです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください