海外MBA経験した私がおすすめする英会話スクール3社

おすすめの英会話スクールを知りたい方向けにまとめました!TOEFL114点保持しMBA留学していた佐和子です。

世の中では、英会話スクールの需要が高まってきておりますが、それと同時に似たような英会話スクールも湧いて出るように乱立しています。「英会話スクール」とgoogle検索すると「英会話スクール11選」、「英会話スクール 20選」のと、「選ばれていないじゃないか」とツッコミをいれたくなるほど、いっぱい羅列されていて何がいいかわからないですね笑

そんな中、今回は「目的別に3校だけ」ご紹介します。そもそも英会話スクールに通ってしっかりと成果をだしたいかた向けの解説です。なので、しっかりとあなたにあった英会話スクールを見つけられるでしょう

3分程度で読み終える内容に、スッキリとまとめました。

まずは英会話スクールでみにつける目的を明確にしましょう

あなたは、次のどちらに当てはまりますか?

目的は?

  • MBAにTOEFLスコアが必要だ!→TOEFL対策に特化
  • TOEICのスコアアップが必要!→TOEIC対策に特化
  • ビジネスで英語が必要だ→ビジネスイングリッシュに特化
  • 趣味で英語をまなびたい→英語に触れる機会を増やす

世の中には英語を学ぶ目的はさまざまありますが、目的によって学ぶ内容は変わってきます。TOEFLスコアアップが必要な人は、TOEFL特化の会社を選ぶ。TOEICスコアップが必要な人はTOEFL特化の会社を選ぶ、ビジネス英語が必要な会社はビジネス英語に特化した会社を選ぶ。とてもシンプルでこれだけです。

さらに言うと、TOEFLの中でも「リーディング」「リスニング」「ライティング」「スピーキング」のどこが弱いのかによっても選択肢は変わってきます。

この辺りも得意不得意によって、どこのセクションを強化して目標得点をとるのかにもよりますが、基本的には日本人向けの王道のやり方をしていきましょう!TOEFL80点を目指すのか、100点を目指すのかによっても変わってきますが、カリキュラムをみつつ検討すればよいかと思います。

※注意点:短期間であまり高すぎる目標はおすすめしません!
例えば目標をきめて2ヶ月でTOEFL60点から40点あげて100点目指すはあまり現実的でないかもしれません。無理に高い目標をかかげても挫折してしまいます。目標を達成することが重要ですので、適正値や過去実績をしっかりとしりましょう。

私がおすすめする英会話スクール3社

  • RIZAP ENGLISH → TOEICでスコアを伸ばしたい!
  • PRO GRIT → TOEFLでスコアを伸ばしたい!
  • English Company → 駐在予定だ!ビジネスで必要だ!

上記の通りです

なにが違うのか簡単にまとめました。

オンライン英会話比較

会社名 TOEIC TOEFL Business
Rizap English ★★★ ★☆☆ ★☆☆
Pro Grit ★★☆ ★★★ ★★☆
English Comapany ★☆☆ ★★☆ ★★★

目的別にまとめると上記の通りです。

【TOEIC】ライザップイングリッシュ/ プログリット/English Companyを比較

ライザップイングリッシュはTOEICでの実績は多数あり、各スクールの受講者10人にアンケートをとったところ目標達成度合いは次のような結果になりました。

結果からもライザップイングリッシュがTOEICに強いことがみてとれます。しかしながらどこの会社を選んでも一定成果はだすことができますね。

会社 TOEFL目標達成率 平均スコアアップ数
ライザップイングリッシュ 9 / 10 280
プログリット 7 / 10 210
イングリッシュカンパニー 6 / 10 200

 

【TOEFL】ライザップイングリッシュ/プログリット/English Companyを比較

TOEFLにおいてはプログリットが一歩前にでています。社長自身が留学へてマッキンゼー経て独立して体系的に語学をスタイルを確率しているため、留学に必須なTOEFLの必要な対策もしっかりできているようです。

会社 TOEIC目標達成率 平均スコアアップ数
ライザップイングリッシュ 5 / 10 18
プログリット 8 / 10 28
イングリッシュカンパニー 7 / 10 22

【ビジネス】ライザップイングリッシュ/プログリット/English Companyを比較

ビジネスイングリッシュならイングリッシュカンパニーが一歩抜きん出ていますね。スコアに頼らずに世の中で生きるための語学力をみにつけることができます。海外駐在や、外資系企業で勤務されている方にオススメです!

会社 仕事への貢献度 感想
ライザップイングリッシュ 5 / 10 (30代・男性)
仕事での英語にたいする抵抗感が無くなりました。
プログリット 7 / 10 (20代・男性)
駐在前にしっかりと準備ができてよかった。
イングリッシュカンパニー 9 / 10 (30代・男性)
商談がスムーズにできるようになりました。
商談中に戸惑うことがなくなりました

まとめ:英会話スクールは安すぎる

以上、3校の英会話スクールに通うと30万〜50万程度の費用がかかります。しかしながら、実際に英語力をみにつけて1年の交換留学を勝ち得たり、駐在で活躍したり、TOEICできることによって外資企業に入社できたり、TOEFLができてMBAにいくことで、生涯年収は大きく変わるでしょう。

外資への転職にも有利になりますね。

  • 留学経験者:大手企業の幹部クラスで年収 1000万以上
  • MBAホルダー:経営幹部で年収2000万
  • TOEICスコア獲得:外資系企業で年収1000万

英会話スクールにお金を投資してもすぐに回収できてしまうことがわかるどころか、生涯で考えるととても大きな差になります。実際に私の周りのMBAホルダーの平均年収は2000万程度はあります。留学経験者の知人の平均年収も1000万程度はありますね。

  • RIZAP ENGLISH → 完全30日無条件無料保証!
  • PRO GRIT →  完全30日無条件無料保証
  • English Company → 無料カウンセング

 

1 個のコメント

  • 私は30代前半です。
    工業高校卒社会人の為、
    英語は、高校で習ったのが最後。
    しかし、普通科高校と違い、
    高校1年生の英語の教科書を、
    3年間使いました。
    英語って、まともに習って無い分野なので、
    興味も無いですが。
    子供を2人産み、
    子供の未来を考えると。
    英語が出来て当たり前な、
    時代が来ると思い、焦ります。
    子供に、教えてあげられるぐらいの
    レベルにはしとかないといけないかな?
    と、この記事を読んで、
    英会話スクールにも
    特化した部分が有る事を知りました。
    ありがとうございます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください