TOEFL ITP勉強法 -同志社授業編-

D大学における特別英語授業

(私はまだ2回生なので、2回生までとれる授業しか情報がありません。)

 

 
プレイングリッシュプラクティクムイングリッシュプラクティクムアカデミックイングリッシュプロフェッショナルイングリッシュ
■応募規定;TOEIC450~700くらいあれば面接を受ける事ができ通過すれば履修可能)先生が日本人の場合もありますが、外国人の先生が大半で、面接会場にて自分で選択できます。授業の質・内容は先生次第なのですが、生徒の英語レベルもかなり高く、実践的な英語の使い方をするのでおすすめです。これを履修して授業にしっかりついていくだけでTOEICが200点upしたという人もいました。

 

 

スタンフォード科目   AKP科目   KCJS科目■応募規定:TOEFL ITP 550くらいからこれらの科目はスタンフォードド大学や世界各国様々な大学から本校に留学に来ている留学生と受ける授業です。先生はもちろん生徒も完全なネイティブスピーカーなのでそれなりの英語力が必要になります。お勧めの履修の仕方はTOEFL itp 550 overを取り派遣留学に出願した後実際に留学にいくまでの期間に、より高度な英語力を備えるため、履修するのがお勧めです。中には留学から帰ってきて英語力を維持したい先輩方が履修されていたりしていました。留学生と趣味の事など話して遊ぶことも英語力を高める一つの手段ですが、留学生達と学業の面において何かひとつの目標に向かって協力しあうという経験はやり遂げた時物凄く自信につながるし、日本の大学ではなかなか得られない機会だと思うのでこれらの科目をお勧めします。

 

 

金銭面や家庭の事情・就職活動が遅れるのが嫌だという理由などで留学を断念せざるを得ない方も、

こういった授業を取ることで留学している様な気分を味わえる上、

自分の自信にも繋がるだろうし、同時に英語力も飛躍的に伸びると思うので留学にいけなくても、

めげずにこういった授業をとることで地道に英語力を伸ばしていくのもいいのではな

 

併せて読みたい

■ 独学で派遣留学へ -TOEFL ITP 勉強方 – 総論-
■ TOEFL ITP勉強法 -単語編-
■ TOEFL ITP勉強法 -文法編-
■ TOEFL ITP勉強法 -楽しく英語を勉強する-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください