バンガロールで働く上でのトラブル集

インドで働くと遭遇するトラブルを挙げてみた。

 

・渋滞がひどすぎる

traffic-jam-in-bangalore

 

営業のアポをとって、営業先に迎う移動時間の計算が結構難しい。時間帯によっては30分の距離が1時間半かかったりする。

 

また、雨が降ると道路が冠水するので、余計に渋滞がひどくなる。渋滞を制すものがインドを制する?

 

・タクシーを手配しても時間通りこない。

 

やっと運転手から電話がかかってきたかと思ったら、現地語(カンナダ語)しかしゃべれず、言葉が通じない。

 

 

・お金が回収できない

images

インドでは、支払うべき料金をいかに先延ばしにできるかが優秀さの一つの基準でもあるそう。

正直これが一番しんどい。このせいでたくさんの会社が黒字倒産していくそうな。恐るべし。

 

 

・不安定なインターネット

no-internet-connection

 

安定しているインターネットをあまり見た事がない。

うちのインターネットもしょっちゅう故障するので、その度に担当者を呼ばないといけない。

しかもその担当者がなかなか来ないという二時災害もしょっちゅう起こる。

 

 

・オートドライバーとの値段交渉

営業をしていると便宜上、オートリキシャーを使用するのが圧倒的に効率的なので、しょっちゅう使用している。

乗る時に価格交渉をするのはもはや見慣れた光景だが、中にはメーターを改造して、距離を余分にカウントしている悪党どもがいる。

そうなった時に毎回キレなければならない。たまに10分近く言い争いが続くことも。

 

・いちいち価格交渉してくる

広告営業の際、金額の話になった時に、かなりの確率で

『Tell Me Best Rate

(どれだけ割引してくれんの?)』

ときいてくる。

交渉上手なインド人だが、

『まーまーまー』

と基本的に笑ってごまかせばなんとかなったりする。

 

 

まだまだありますが、思いついた時に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください